JALマイルをPontaポイントに交換!期限前などにおすすめ

あなたがJALマイルを貯めているのなら知っているかもしれませんが、
JALマイルを効率良く貯めようと思ったらやっぱりJALカードです。

 

 

ただ、ここで気になるのは飛行機を利用する頻度です。

 

 

頻繁に飛行機をするのならいいのですが、飛行機を利用する回数がすくないと
マイルの有効期限が切れてしまって無駄になるなんてこともあり得ます。

 

 

折角貯めたJALマイルを無駄にしないために、特典航空券への交換など以外にも
マイルを有効活用する方法を一つぐらいは確保しておきたいものです。

 

 

JALマイルを使う方法はいろいろありますが、
今後マイルを貯めたり交換先のポイントを貯めることを考えると
Pontaポイントと組み合わせて考えるのが一番です。

 

 

JALマイルをPontaポイントに交換できるのはもちろんのこと、
PontaポイントをJALマイルへ交換することもできるので、
普段ローソンなどのPonta提携店舗を利用する方にはおすすめです。

 

 

しかもJALマイルをPontaポイントに交換する方法はとっても簡単!

 

 

JMB×Ponta会員に登録することです。

 

 

もちろん、この段階でPontaカードは必要です。

 

 

既に持っている現金払い専用のPontaカードで登録するのもありですが、
この機会に、Pontaポイントも沢山貯められるように
シェルPontaクレジットカードなどを作っておくのも一つの方法です。

 

 

ちょっと気になるのは、JALマイルをポンタポイントに交換できるのは、
3,000マイルからということぐらいでしょうか。

 

 

それでも、特典航空券に交換するために必要なマイル数に比べると、
ずっと少ないマイル数で済むので有効期限切れ間近ののマイルを
交換する方法の一つとして、確保しておくのがいいと思います。

 

 

因みに、現金払い専用のPontaカードでも問題ないのに、
シェルPontaクレジットカードをおすすめしたのには理由があります。

 

 

まず、例えシェルPontaクレジットカードを作ったとしても
づ段の買い物などは今まで通りJALカードでクレジット払いにして、
しっかりとJALマイルを貯めてください。

 

 

もちろん、ローソンなどのPonta提携店舗でで買い物をするときには、
JALカードでクレジット払いにして、シェルPontaクレジットカードを提示して、
PontaポイントとJALマイルを2重取りしてください。

 

 

ここまでだと現金払い専用のPontaカードいいのでは?という感じですよね。

 

 

正直、シェルPontaクレジットカードはJALマイルを貯めるためだと
メインカードにはならないので、JALカードが使えないお店などのための
サブカードの役割が大きいです。

 

 

それと、昭和シェル石油でガソリンを入れている方にとっては、
ガソリンの会員価格などのことも考慮すると
昭和シェル石油ではシェルPontaクレジットカードの方がいいです。

 

 

シェルPontaクレジットカードを作らなかったとしても、
JALマイルを貯めているのならPontaカードを持っておいたほうがいいですし、
JAL×Ponta会員登録もしておいた方がいいとは思いますよ。