ポンタ提携店以外はVISA利用でPontaポイントを貯めよう!

 

ローソン以外でもPontaポイントを貯めていますか?

 

 

Pontaポイントは、昭和シェル石油、GEO、スポーツのヒマラヤ、
ケンタッキーフライドチキンや大戸屋ないろんな種類のお店で、
Pontaポイントを貯めることができます。

 

 

このことだけを考えても1つのお店でしかポイントが貯まらないカードよりも
ずっとお得ですし、たくさんポイントを貯めることができそうです。

 

 

現金払い専用のPontaカードでは、
約2万店舗を超えるお店でPontaポイントが貯まるんですが、
クレジット付きの「シェルPontaクレジットカード」にすることで、
さらにPontaポイントを貯めるお店が大幅に増えます。

 

 

 

Ponta提携店舗以外ではクレジット払いにでPontaポイントGet!

 

「シェルPontaクレジットカード」には、VISAのマークが付いているので、
VISAの加盟店だったら、クレジット払いで買い物などができます。

 

 

VISAの加盟店なら、レジの近くに「VISA」マークがあるので、
普段買い物をするスーパーやドラッグストア、ホームセンターなどで
お店に入ったときにレジ周辺を確認してみてください。

 

 

「VISA」マークを見つけたら、現金を出さずに、
クレジットで一回払いにしましょう。

 

 

これで100円(税込)につき1ポイントのPontaポイントが貯まります。

 

 

 

クレジット払いにするだけでPontaポイントが貯まるのでお得なのですが、
これまで現金払いで買い物をしていた時と比べて、
クレジット払いだとお金を出し入れが必要ないのでレジの時間も短くなります。

 

 

特に食料品中心のスーパーマーケットではコンビニと同じように
少ない金額ならサインをしなくても買い物ができる場合が多いので、
さらにレジの時間が短縮できてとっても便利です。

 

 

 

口座引落しからクレジット払いへ変更してポンタポイントを貯める!

 

「シェルPontaクレジットカード」でPontaポイントを
貯める方法はまだまだあります。

 

 

普段の生活の中で銀行口座から自動的に引落しをして
支払いしているものがありませんか?

 

 

例えば、電気料金やガス料金、携帯料金などは、
口座引落しにしていることが多いです。

 

 

まあ、口座引落しにすることでお得なこともあります。

 

 

特に電気料金や水道料金に多いのですが、
口座引落しにすることで毎月数十円割引になるのです。

 

 

だったら、それでもいいんあじゃないの!と思うかもしれませんが、
仮に毎月50円が割引にされているとしましょう。

 

 

毎月5,000円の支払いをしていたら、還元率は1%になるので、
シェルPontaクレジットカードのポイント還元率と同じになりますが、
毎月5,000円以上払っていたらシェルPontaクレジットカードの
ポイント還元率よりも低くなってしまいます。

 

 

もし、口座引落しの還元率が1%より下だったら、
クレジットカード払いにした方がたくさんのポイントが貯まりますので、
一度、1ヶ月毎の平均的な引落し金額を調べてみてください。

 

 

他にも携帯料金は、クレジットカード払いにすることで
割引されることもあるみたいなので、口座引落しよりも
お得な場合がありますので、これも調べてみてくださいね。

 

 

Ponta提携店舗での買い物はもちろんですが、
VISA加盟店での買い物や公共料金や携帯料金の支払いまで
シェルPontaクレジットカードでまとめてすることで、
今まで以上にPontaポイントを貯めることができます。