Pontaクレジットなしと比較|シェルPontaクレジットカードがお得

現金払い専用のPontaカードよりもクレジット付きPontaカードの方が
ポイントがたくさん貯まるみたいだけど、
クレジットカードを作るためには、審査もあるし、
もし紛失や盗難に遭ってしまったら、なんて考えてしまって心配。

 

 

確かに、クレジット付きにすることでのデメリットが
全くないわけではありませんが、
デメリット以上のメリットがあればOKだと思いませんか?

 

 

デメリットは、先ほどの心配のとおり、審査があって、
カードを手に入れるまでに時間がかかってしまうことです。

 

 

それと、カードを紛失をしてしまって、
もしも、他の人に悪用されるようなことがあったら、
自分が払わないといけないのではないかという心配もあります。

 

 

クレジットカードは紛失をしたら、すぐにカード会社へ電話をして、
クレジット機能を停止すれば問題ないのですが、
もし悪用されたとしても殆どの場合カード会社が補償してくれます。

 

 

何より大切なのは自分でしっかりと紛失しないようにすることです。

 

 

いかがでしょうか、
これでPontaカードをクレジットへ切り替える不安はなくなりましたか?

 

 

Pontaカードをクレジット付きに切り替える場合には、
使うときに気を付けて欲しいことが一つあります。

 

 

クレジット払いで買い物をする場合には、必ず一回払いにして、
リボルビング払いや分割払いにあしないでください。

 

 

折角、ポイントを沢山貯めようとクレジット付きのPontaカードに切り替えたのに
リボルビング払いや分割払いにして手数料を払ってしまっては、
貯まるポイントよりも払う手数料のほうが圧倒的に高くなります。

 

 

また、クレジット付きの申込項目を入力する際にも注意が必要です。

 

 

例えば、シェルPontaクレジットカードの場合だと、
申込項目を入力する際に登録型リボ払いへの登録という項目があるので、
その項目は、必ず登録しないにしておいてください。

 

 

これを登録するにしてしまうと、一回払いで買い物したものが
全てリボルビング払いになるので手数料を支払うことになってしまいます。

 

 

このことに気を付けて、あとはローソンや昭和シェル石油などの
Ponta提携店舗でも、Ponta提携店舗以外でも全て、
シェルPontaクレジットカードでクレジット払いにして、
現金払い専用のPontaカードでは貯まらなかったポイントをGetしましょう。