クレジット付Pontaカード比較|メインカードにシェルPonta

現金払い専用のPontaカードからクレジット付きPontaカードへ
切り替える場合に、心配というか気になることがいくつかありますが、
どうしても気になるのはポイントのことではないでしょうか。

 

 

クレジット付きPontaカードは現金払い専用のPontaカードと比べると
どのぐらい多くポイントを貯めることができるのか。
そのためにはクレジット付きPontaカードはどれを選択すればいいのか。

 

 

今回比べるクレジット機付きPontaカードは、わかりやすくするために
シェルPontaクレジットカードとJMBローソンPontaカードの2枚とします。

 

 

また、Ponta提携店舗のローソンで利用した場合と
Ponta提携店舗ではないVISA加盟店で利用した場合で
どちらもクレジット払いをした場合のポイントを比較してみます。

 

 

まず、ローソンで1,080円(税込)利用した場合、
シェルPontaクレジットカードもJMBローソンPontaカードも
どちらも20ポイント貯まりますので、同じです。

 

 

次に、Ponta提携店舗ではないVISA加盟店で
1,080円(税込)利用した場合はどうでしょうか。

 

 

シェルPontaクレジットカードはVISA加盟店での利用は
100円で1ポイントですので、合計10ポイント貯まります。

 

 

一方、JMBローソンPontaカードはVISA加盟店での利用は
1,000円で5ポイントですので、合計5ポイント貯まります。

 

 

ローソンではどちらも同じポイント数貯まりますが、
ポンタ提携店舗以外のVISA加盟店では、
シェルPontaクレジットカードの方がお得ということがわかりました。

 

 

これは、VISA加盟店でクレジット払いをした際に貯まるポイントが、
JMBローソンPontaカードは1,000円で5ポイントなのに対して、
シェルPontaクレジットカードは100円で1ポイントだからです。

 

 

ここまではJMBローソンPontaカードの良いところがないのですが、
実はポイント以外で良いことがあります。

 

 

それは年会費です。

 

 

シェルPontaクレジットカードは初年度は年会費無料ですが、
2年目以降以降は昭和シェル石油で1年に1回給油しないと
年会費が無料にならないのに対して、
JMBローソンPontaカードは年会費が永年無料です。

 

 

以上を踏まえて、
シェルPontaクレジットカードとJMBローソンPontaカードが
それぞれどんな使い方をする人におすすめなのかを整理してみます。

 

 

 

≪JMBローソンPontaカード≫

 

・ローソンでよく買い物をする方
・他にポイント還元率1%以上のメインカードを持っていて、
 Pontaポイントを貯めるサブカードを探している方
・今使っているメインカードのポイント還元率が0.5%以下で
 貯めるポイントをPontaポイントにひとまとめにしたい方
・昭和シェル石油以外でガゾリンを入れている方

 

 

 

≪シェルPontaクレジットカード≫

 

・ローソンだけではなくPonta提携店舗も頻繁に利用する方
・今使っているメインカードのポイント還元率が1%未満のため、
 Pontaポイントが貯まるメインカードを探している方
・貯めるポイントをPontaポイントにひとまとめにしたい方
・昭和シェル石油でガソリンを入れている方、又は、
 昭和シェル石油で1年に1回のガソリンを入れることができる方

 

 

 

現金払い専用Pontaカードからクレジット付きPontaカードに切り替える場合は、
シェルPontaクレジットカード、JMBローソンPontaカードのどちらも
今貯まっているPontaポイントは新しいカードに移行することはできますので、
安心してクレジット付きPontaカードへ切り替えてくださいね^^